*

ダイエットに最適?!ウィートグラスの効果とは?

ダイエットに最適?!ウィートグラスの効果とは?

最近噂になっているウィートグラスとは?

海外セレブの間で流行し、日本にも上陸したばかりのウィートグラスですが、その知名度は他のスーパーフードに比べて若干低い様子。よく分からないままに取り入れても、その効果を充分に得るのは難しいでしょう。そこで今回の記事では、ウィートグラスの基本情報からその取り入れ方まで、ウィートグラスの魅力をご紹介します。

ウィートグラスとは発芽したばかりの小麦の若芽のことで、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいますが、それだけではこれまでに紹介されたスーパーフードと何が違うのかピンとこないかもしれません。

ウィートグラスの中でとくに注目されているのはその「デトックス効果」であり、その効果のほどは「地上最強」とうたわれるほど。ウィートグラスには先程ご紹介した栄養素のほかに、クロロフィルが豊富に含まれます。高いデトックス効果をもつクロロフィルですが、植物にしか含まれない物質であり、野菜ごとで含有量は大きく異なります。

ウィートグラスの効果・効能

ウィートグラスで重要なのは、前述した「デトックス効果」です。デトックスとは、体内に蓄積された毒物や老廃物を排出させるという意味です。デトックスをすることによって身体のめぐりがよくなり、新陳代謝が高まった痩せやすい身体となるので、ダイエットをしている人にとって非常な重要なファクターです。

さらにウィートグラスには造血作用・免疫力強化などの健康効果もあると言われています。副作用・アレルギーはないとされていませんが、他の食品と同様に摂り過ぎは禁物。食物繊維が豊富なので、過剰摂取で下痢や栄養吸収の阻害などが考えられます。

取り入れる時の気になるポイント

ウィートグラス スムージー

実際にウィートグラスが含まれるダイエット商品は、さまざまなものが販売されています。ウィートグラスジュースやスムージーは購入後そのまま飲めるので楽チンですし、サプリメントであれば携行できるので外出先でも摂れるので便利です。ウィートグラスパウダーでしたら食事に加えて摂れるので、ウィートグラスに合う料理や飲み物を探してみるのも良いでしょう。

残念ながら日本では生のウィートグラスはまだマイナーで、取り扱っているお店は多くありません。しかし、前述したようにウィートグラスは「小麦の子供」です。小麦の種子を購入し、自家栽培で生のウィートグラスを手に入れるという方法をとる人もいます。ウィートグラスの栽培は場所を取りませんし、それほど難しくないので、初心者でも挑戦できます。

日本ではまだ馴染みのないウィートグラスを生活に取り入れるとなると、やっぱり「味」が気になるでしょう。「海外版の青汁」と称されることもあるウィートグラスですが、ほのかな甘味があり、飲みにくさはそれほどありません。若干の青臭さがありますが、グリーンスムージーで他の野菜や果物と混ぜ合わせれば、その香りを抑えることもできます。

グリーンスムージーにおすすめなウィートグラスパウダー

グリーンスムージーに取り入れるとき、最も使いやすいのはウィートグラスパウダーでしょう。これならフレッシュタイプ・パウダータイプのどちらのグリーンスムージーにも利用できますし、生のウィートグラスに比べて香りが少なく、青臭い食べ物が苦手という人も取り入れやすいでしょう。

ウィートグラスは自家栽培が可能ですが、普段から庭いじりをしない人は、栽培キットや土などの初期投資が必要な場合もあります。手間どらずに、飲みたいときに飲めるというのもパウダータイプの魅力のひとつですね。

関連サイト:グリーンスムージーについて

まとめ:ウィートグラスをダイエットに活用するには

ウィートグラスは小麦の若芽のことで、近年注目を集めています。栄養満点で、中でもクロロフィルが豊富に含まれることから、高いデトックス効果をもちます。デトックス効果の他にも造血作用や免疫力強化などの効果もあり、ダイエット・美容だけでなく、健康面でも強い味方となってくれます。

ウィートグラスが含まれるダイエット商品にはジュースやスムージー、パウダー、サプリメントなどがあります。生のウィートグラスは日本で手に入れにくいのが難点ですが、家庭でも栽培可能ですので、生のものが欲しい場合は自家栽培がよいでしょう。

グリーンスムージーに取り入れるのでしたら、パウダータイプがおすすめです。生の野菜や果物から作るフレッシュタイプや、粉末から作るパウダータイプのグリーンスムージーのどちらにも使えますし、生のウィートグラスに比べ、飲みたいときに飲めるといった手軽さも魅力のひとつです。


公開日:
最終更新日:2015/11/25

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑